出産

【体験談】わりと怒濤の勢いだった出産.その時男はどうする?【帝王切開】

出産の頃を思い出してみますが,

わりと急激な展開でした.

男性視点での体験談です.

タイトルには,その時男はどうする?なんて書きましたが,

正直な感想としては何もすることありません.
というか,何もできません.

8ヶ月目のある日の夜

あと2ヶ月で父親になるのかーと思っていた日

お腹がなにかはるというので,
産婦人科→そのまま救急搬送で病院へ.
この「はる」という感覚は男には理解できない感覚じゃないだろうか.

病院に着くと検査をすることに,
そして今日はもう遅いので,
らくちゃんはそのまま入院することに.

次の日

幸いなことに切羽詰まった仕事はなかったため,
早めに仕事を切り上げて,
妻のお見舞いに行くことにした.

電車で帰る途中にて,

うぉああああああああああああああああああああ!

検査の結果はまだ出てないけど
今なら赤ちゃんが元気なので
(その他いくつかの理由もあり)
元気なうちに出産してしまおうというものでした.

後日談ですが,あとで分かった検査結果によると,
さっさと帝王切開してしまって正解だったらしい.

うおあああああ!
と思いながら病院へだっしゅ

そんな時でも犬の散歩は待ってくれない
散歩はする.

男性諸君!
あと2カ月と思ってると
突然父親になることもあるんだぞ

32週で生まれた娘は1500グラムでした.
風ふけば吹き飛んでしまうほど小さい.

そんな出産でした.
そして,娘はそのままNICUへ.
NICUの話しはまた別の機会に.

まとめ

普通の出産と違って,
我が家の場合は一気に生まれてしまいましたから,
こんな時男は何もできないんじゃないでしょうか.

せいぜい,入院の準備(服の荷造りとか)とか,
親兄弟への連絡とか,
あとは,LINEで妻と会話して緊張を和らげるとか.

それくらいですね.
出産に対して男は完全に無力です.
おとなしく家の掃除でもして,赤ちゃんを迎え入れる準備をしましょう.